フロアコーティングの価格まるわかりサイト

価格で選ぶフロアコーティング業者ガイド

仕上がりの美しさを重視したい

フロアコーティング選びで迷うあなたに、コーティング剤によって異なる光沢感や仕上がりの違いを詳しく解説します。

部屋の雰囲気に適した光沢感を選ぶのがポイント

フロアコーティングは「傷がつきにくい」、「お手入れが楽」、「滑りにくい」などはもちろん、仕上がりの美しさも重要!コーティングの種類によっては、落ち着いた光沢感のものや、マットな光沢のもの艶を重視したものなど仕上がりがだいぶ変わってきます。

光沢の程度によっては部屋の雰囲気と合わない場合があるので、実際の部屋のイメージを伝えたり、配置する家具の写真などを見てもらうのが一番。価格に振り回されすぎず、性能や仕上がりのサンプルなどもしっかりチェックしましょう。

好みに合わせて選ぶコーティング剤

では、それぞれのコーティング剤によって光沢感がどのように異なるのでしょうか。一般的に、もっとも艶感が出ると言われるのがUVコーティング。ただし、艶が強いため部屋の雰囲気によっては合わない場合もあり、好みが分かれるところ。

適度な艶感で比較的どんな住まいにも適応するのがシリコンコーティング。続いて、艶が控えめなウレタンコーティングと続きます。

「床がピカピカすぎるのは好きじゃない」という人には、マットな光沢で部屋全体が落ち着いた雰囲気に仕上がるガラスコーティングが最適です。

フロアコーティング業者8社の施工価格を比較

各フロアコーティングの特徴と価格を比較

【グッドライフ(クリスタルコーティング)】

  • 耐久年数:35年保証
  • 価格:210,000円(30㎡まで)
  • F☆☆☆☆取得:あり

【特徴】
艶やかでありながら自然な光沢が魅力
の、グッドライフ独自開発のコーティングガラスコーティング。コインやスチールウールで削っても傷つかない高硬度塗膜で耐久性も◎


【ミシナコーポレーション(UVフロアコーティング)】

  • 耐久年数:30年
  • 価格:210,000円(30㎡未満一律)
  • F☆☆☆☆取得:あり

【特徴】
艶感重視の方
におすすめなUVフロアコーティング。漂白対剤テスト、たばこの押し付けテスト、コインスクラッチによる擦り傷テストなど、さまざまなテストを合格している。


【ハードプロテクト(ハードプロテクト)】

  • 耐久年数:10年保証
  • 価格:165,000円(30㎡)
  • F☆☆☆☆取得:不明

【特徴】
艶は控えめで、フローリング本来の味を重視
したい方におすすめ。学校や幼稚園、寺社等の公共施設に使用されている安全性の高いウレタン塗装。自社研修を終えたテクニカルマスターの資格を持つスタッフが施工を担当する。