フロアコーティングの価格まるわかりサイト

価格で選ぶフロアコーティング業者ガイド

フロアコーティングを種類ごとに比較

当サイトでご紹介してきた数あるフロアコーティングの中で、どれが一番安いのかを比べて、わかりやすいようにまとめてみました。

一番安いフロアコーティングはどれ?

当サイトでは、『ガラスコーティング』『UVコーティング』『シリコンコーティング』『ウレタンコーティング』など、数種類のフロアコーティングをご紹介しているので、もしかしたら、「いっぱいありすぎてよく分からない」という感想を持っておられる方もいるかもしれません。そこで、コーティングごとの平均金額やその特徴について、一目でわかりやすいよう表にまとめてみました。

フロアコーティングの種類別平均価格を比較!

コーティング材 平均価格 特徴
ガラスコーティング 約¥167,000- 耐久性が高いうえ、傷がつきにくく剥がれにくい塗膜。酸素を透過しないコーティングなので床の酸化を防ぐことができ、微光沢のため部屋の雰囲気を壊さない。
UVコーティング 約¥163,000- ウレタン樹脂に紫外線を照射して、瞬間的に硬化させるフロアコーティング技術。施工期間が短く、施工後に即入居可能。補修や塗り直しといったリコート性にも優れている。
シリコンコーティング 約¥104,000- 撥水性・耐熱性・撥油性・耐薬品性に優れる安定したフロアコーティング。整形手術やコンタクトレンズにも利用されているので安全面の心配もいらず、滑りにくい素材のため子供やお年寄り、ペットがいる家庭でも安心。
ウレタンコーティング 約¥104,000- 耐久年数は約5年と他のコーティングと比べて短いが、「水拭きができる」、「においが少ない」、「床暖房に対応するタイプ」など、種類が豊富。経済的なコーティングなので、中期的なフロアの保護には十分。

各社フロアコーティングの価格ランキング

耐久年数を加味すると、いちばんお得なフロアコーティングは…?

上記のように平均価格で比較すると、最も安いのは『シリコンコーティング』と『ウレタンコーティング』ということになります。しかし、耐久年数を過ぎると劣化剥がれが生じるため、フロアコーティングを張り替えなければなりません。

ということで、各コーティング10年分にかかるコストを表にしてみました。

コーティング材 耐久年数 10年分のコスト こんな方にオススメ
ガラスコーティング 約30年 ¥56,000- 住む家のフローリングを長期間綺麗に保ち、部屋をシックな雰囲気にしたい方。
UVコーティング 約30年 ¥54,000- 施工から入居まで時間があまりなく、かつローリスクで高級感のあるコーティングをしたい方。
シリコンコーティング 約10年 ¥104,000- 小さい子供や年配の方、ペットがいる家庭で万が一舐めてしまっても安全で、滑りにくいコーティングをしたい方。
ウレタンコーティング 約5年 ¥208,000- 長期間住む予定がないので、余計な費用は払わず低コストでしっかりとしたコーティングをしたい方

というように、10年で考えると値段の違いにだいぶ差があるようです。それぞれの目的に合ったフロアコーティング選びが、お財布にも家族にも優しい選択につながるのではないでしょうか?